江戸川区花火大会2024穴場スポットは?花火が見えるホテルも調査!

イベント
【PR】本ページはプロモーションPRが含まれています。

昨年は4年ぶりの開催で139万人の観覧客を記録した江戸川区花火大会。

今年も昨年同様、大勢の観覧客でにぎわうことになりそうです。

また今年から「有料席」や「区民向け無料招待エリア」を設けることで、昨年まで場所取りをしていたエリアも制限されることが考えられます。

そこでこの記事では、少しでも混雑を避けて花火が観られる穴場の場所と、花火が部屋から見えるホテルを調査しましたので紹介します。

江戸川区花火大会2024

江戸川区花火大会の日程が今年は例年とは異なりますので、最初に概要をまとめることにします。

江戸川区花火大会2024の概要

江戸川区花火大会は例年、8月の第1土曜日に開催していましたが、今年はパリオリンピックと期間が重なるため、8月24日(土)に決定したことが江戸川区の公式ホームページより発表されています。

そのため宿泊の計画を立てている方は、ホテルの予約日など間違えないようにしておきましょう!

江戸川区花火大会2024概要
日程:2024年8月24日(土)
時間:19時15分~20時30分
打ち上げ場所:江戸川区側の河川敷(都立篠崎公園先)

花火会場までのアクセスは以下の通りです。

対岸からもきれい花火を見ることができますので、江戸川区側と市川市側の両方からのアクセスです。

【江戸川区側】
・都営地下鉄篠崎駅から徒歩15分
・JR小岩駅または京成電鉄京成江戸川駅から徒歩25分
・都営地下鉄瑞江駅から徒歩45分

【市川市側】
・JR総武線市川駅南口から徒歩15分
・京成線国府台駅から徒歩20分

江戸川区花火大会では、国内最大級を誇る14,000発の花火が打ち上がります。

そのため全国から毎年たくさんの人々が訪れる大変人気の花火大会です。

花火会場の周辺から花火を観ると迫力満点ですが、少し離れた対岸から観ると花火全体が美しく観えますので、特に観光客の方はホテル探しのためにも、どちら側から観るのかなどの計画を立てておいた方が良さそうです。

穴場の場所5選!

昨年、139万人の観覧客を記録した江戸川区花火大会は、今年も大勢の人々が集まることは予想できると思います。

そこで混雑を避け少しでもゆったりできる場所を探してみました。

篠崎公園(江戸川区側)

花火会場が近いため、打ち上がる花火の迫力を感じることができます。

観覧者は多めですが、花火大会を楽しみたい方にピッタリの場所です。

公園内には公衆トイレが5か所設置されており、そのうち1か所は車椅子用のトイレとなっています。

トイレは混雑しますが、近くにトイレがあると安心ですね。

江戸川河川敷(江戸川区側)

総武本線の陸橋付近の河川敷です。

花火会場からは少し距離がありますので、花火は小さく見えます。

しかし、河川敷のため遮るものはなく、また打ち上げ場所から少し距離がある分、観覧する人も少ないためゆったりと花火を観ることができます。

江戸川河川敷にはトイレが点在しており、陸橋近くにもトイレが設置されています。

篠崎ポニーランド付近(江戸川区側)

花火会場から離れているため、会場の人混みを避けてゆったりと花火を観ることができます。

人混みが苦手な人向きですが、トイレがないため、到着したらトイレの位置を確認しておいた方が良いでしょう。

河川敷に行くとトイレはありますが、夜は暗いので念のため懐中電灯、もしくはスマホのライトなどがあった方がより安心かと思います。

大州防災公園(市川市側)

JR総武線市川駅南口から徒歩約20分のところに位置しています。

会場からはやや離れていますが、花火を正面から見る事が出来ます。

公園内には車椅子対応の公衆トイレが1か所設置されています。

駐車場があり、90分間無料、以降30分ごとに100円が必要ですが、バーベキューができるエリアなどもあるため(要予約・道具持参)、駐車場はすぐに満車になる恐れがあります。

対岸の河川敷(市川市側)

花火会場の対岸である市川市側の河川敷では、江戸川区側に比べると人が少なく、しかも花火がきれいに見えます。

江戸川区の花火会場付近での屋台が制限されているため、屋台は市川市側に多く、屋台グルメを楽しみたい人向きの場所です。

河川敷には場所により公衆トイレも設置されていますので、明るい内に場所だけ確認しておけば、安心して花火を観ることができます。

この場所は昨年度、市川市民納涼花火大会が開催された場所でもあります。

花火が部屋からみえるホテルは?

花火がはやから見えるホテルを探してみました。

瑞江第一ホテル

都営地下鉄新宿線「瑞江駅」北口からすぐのところにあるビジネスホテルです。

近くには、コンビニや飲食店もあります。

住所:東京都江戸川区瑞江2-6-16
電話:03‐5243‐8000
アクセス:新宿より直通28分、東京駅より最速30分、東京ディズニーリゾートへは車で約15分
駐車場:有料駐車場あり(要予約)

瑞江第一ホテル公式のInstagramに2023年の花火大会について、花火の動画付きで公開されていました。

屋上は開放していませんが、花火が見えるお部屋があり、2023年は「花火の見えるお部屋限定プラン」が用意されていました。

2023年は5月の時点で満室になったようですので、予約時には花火が見えるお部屋に空室があるかの確認をしてから早めに予約申し込みをするようにしましょう!

インターネットでホテルのサイトを開いてみると、1月の時点で6月までの予約が可能でした。

クレジットカードより小さいのに大容量


まとめ

例年人出が多い江戸川区花火大会。

せっかく花火をみるなら少しでもゆったりと観たいと思うのは誰でもが同じだと思います。

そのため比較的穴場の場所を5選と部屋から花火が見えるホテルを探してみました。

花火が見えるホテルは、SNSなどの公式サイトに「花火が見える」記載されていたホテルのみ載せてみました。

江戸川区花火大会は毎年8月の第1土曜日に開催していますが、2024年はパリオリンピックの開催期間と重なるため、8月24日(土)に開催することが発表されています。

遠方から訪れる方は特に日程を間違えて宿泊予約をしないよう気を付けたいですね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

イベント
hazuki3をフォローする
イベントが好き
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました